ホーム > 勉強会のあしどり

日本中医薬研究会第15回全国大会&第4回アジア太平洋地域中医薬サミット

今年1番のイベント。

日本で初めて行われる中医薬サミットを開催しました。
そのサミットに合わせて日本中医薬研究会も全国大会を開催しました。

私は今回、実行委員となり準備から手伝わせていただきました。

前日に集まり、700人を超える参加者の資料を実行委員で作り上げ、

資料を詰め終わると、余興の練習。
こういった余興をするのは初めてなので、全然踊れません。
研究会の先生たちの踊りを見様見真似で何とか・・・・。
練習終わった後は喉の渇きをいやしに居酒屋へ!


中国や、日本の企業が様々な商品を展示販売。

会場はほぼ満員。それぞれの部会に分かれて中国での最新治療の発表が目白押し。
私は鍼灸担当だったのですが、不妊、皮膚病に関しても鍼灸の役割が広がってきているようです。

そして、日本での冠元顆粒の研究、中国での瘀血の研究等様々な視点から多くの事を学ぶことが出来ました。
私の恩師、路京華先生。
路先生には人を細かく見ること、その人の性格までじっくり考え処方を組み立てることを学びました。

私は多くの中国の先生から中医学を学び続けています。
これからも中国の先生たちにはお世話になりながら、皆さまの健康に役立てるように努力していきたいと思います。

ワタナベオイスターの本社と工場

連休に八王子の渡辺オイスターの工場、研究施設の見学に行ってきました。

上の写真の牡蠣から抽出されたエキス。

上澄みの上澄み部分がドリンクに
沈殿部分にミネラル分が含まれ錠剤となります。

エキス抽出後の牡蠣(普段は廃棄処分されるようです)
濃縮される前の煮汁を試食させていただきました。

工場や、研究室を見て驚くばかりです。
研究に使う機器が半端ない。
この会社の製品を飲むことで、この会社の研究費を寄付している感じです。
そして、寄付しているにも関わらず、めっちゃ身体が元気になる。
この会社のスタイルはとても面白いです。

一番面白いのが、渡辺社長の勉強会。
自分が「なんでやねん?」と思ったことを研究して、その結果をまたわかりやすく教えてくれるんです。
最初の講義を受けた時にワタナベオイスターの虜になってしまった私です。

だから私も自信をもって、皆さんにおすすめしているのです。
そして、着々とファンが増えていっているのも、渡辺オイスターがホンモノであるという証拠ですね。

四絡小学校へ行ってきました。

四絡小学校、6年生の各教室で授業してきました。
くすりの正しい使い方。

みんな、真剣に聞いてくれています。

これから、各学校へ授業に行きますよ!くすり・薬物・タバコについてみんなに伝えていきます。

料理教室開催します。

教えて、トン先生! 漢方セミナーを開催します

今回は頭の症状に対するお話です。

頭って、顔があり、目、耳、鼻、口といろんな器官があるところ。

そして毎日、ケアしているのにつらい症状が出やすいところ。
そんな症状を漢方で考えたらどんな風になるんだろう?という話。

12月5日(火) 14:00~16:00
ビッグハート出雲 黒のホール
定員30名
入場は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

お申込みは
PC/スマホからは
https://ws.formzu.net/fgen/S85857968/

電話からは
0853-43-7234 きらら薬局

までお願いします。

大人女子の身体のお話・・やさしいごはんとくつろぎタイム

10/27にパルメイトで講演します。

良かったら聞きに来てください。お昼ごはんも身体に優しいお弁当。
そして午後からは癒しブースが開かれます。

お楽しみに!

中医皮膚科研修

中国雲南省昆明市に来ています。

日本でお世話になっている楊夫妻の元勤務先でもある雲南中医医院の皮膚科で病院研修をしました。

湿熱、血熱タイプが多い皮膚疾患。西洋医学ではなかなか治らなかったという患者さんも多く、私の薬局と似ている部分もあるなぁと。

ただ、漢方薬を飲めば治るのかというと、やはり食養生の面もしっかり指導していらしゃいました。

私のやり方に間違いはなかったと、確信しそして自信を持つことができました。

中医学の皮膚科勉強会

リーキーガット、小腸の微絨毛の異常。

まだまだ、研究途中のようでわからないことも多いと言われる中思い当たる事があります。

中医学で考えるとどんどん繋がる。

中医薬研究会

IMG_0469

日曜日はトン先生の講義を受けてきました。

IMG_0471

昨年の中国研修のまとめとこれからの活用方法について学びました。

耳鼻科に関する症例は、子供から大人まで豊富にあり、補気による粘膜強化が鍵となる。

きらら薬局でもお客様の反応が良くて、嬉しい限りです。弁証論治が基本となるので同じ症状でも原因が異なれば違う漢方薬になります。

一つ一つのオーダーメイド。

それが一番いいのです。

 

学校保健委員会

昨日、浜山中学校の学校保健委員会に出席してIMG_0457きました。
生徒と保護者と学校医、小学校の養護教諭、栄養士さんなど地域の皆さんが集まり、中学生の健康について話し合いました。

睡眠時間、メディア、朝食、学習時間などの問題点を取り上げ、自ら改善していこうとする子供達の意欲には関心します。

浜山地区では保育園から中学校まで一緒になって健康チェックを行っています。我が子も浜山地区の保育園に通ってますから、朝食、メディア、睡眠のチェックシートを持って帰ります。
保育園児でもスマホ使用時間が小中学生と同じくらいの子もいるようです。上手に活用できるように、見守りたいと思います。