ホーム > 勉強会のあしどり

中医皮膚科研修

中国雲南省昆明市に来ています。

日本でお世話になっている楊夫妻の元勤務先でもある雲南中医医院の皮膚科で病院研修をしました。

湿熱、血熱タイプが多い皮膚疾患。西洋医学ではなかなか治らなかったという患者さんも多く、私の薬局と似ている部分もあるなぁと。

ただ、漢方薬を飲めば治るのかというと、やはり食養生の面もしっかり指導していらしゃいました。

私のやり方に間違いはなかったと、確信しそして自信を持つことができました。

中医学の皮膚科勉強会

リーキーガット、小腸の微絨毛の異常。

まだまだ、研究途中のようでわからないことも多いと言われる中思い当たる事があります。

中医学で考えるとどんどん繋がる。

中医薬研究会

IMG_0469

日曜日はトン先生の講義を受けてきました。

IMG_0471

昨年の中国研修のまとめとこれからの活用方法について学びました。

耳鼻科に関する症例は、子供から大人まで豊富にあり、補気による粘膜強化が鍵となる。

きらら薬局でもお客様の反応が良くて、嬉しい限りです。弁証論治が基本となるので同じ症状でも原因が異なれば違う漢方薬になります。

一つ一つのオーダーメイド。

それが一番いいのです。

 

学校保健委員会

昨日、浜山中学校の学校保健委員会に出席してIMG_0457きました。
生徒と保護者と学校医、小学校の養護教諭、栄養士さんなど地域の皆さんが集まり、中学生の健康について話し合いました。

睡眠時間、メディア、朝食、学習時間などの問題点を取り上げ、自ら改善していこうとする子供達の意欲には関心します。

浜山地区では保育園から中学校まで一緒になって健康チェックを行っています。我が子も浜山地区の保育園に通ってますから、朝食、メディア、睡眠のチェックシートを持って帰ります。
保育園児でもスマホ使用時間が小中学生と同じくらいの子もいるようです。上手に活用できるように、見守りたいと思います。

 

薬物乱用・飲酒・喫煙防止教室

昨年末から小中学校での講演を行っています。

IMG_9923

講演後、生徒さんからいただく感想文が私の糧になっています。
話をしたことがきちんと伝わっているのか?

子供達にはこんな風に伝わったんだ・・とか
来週は大津小学校、2月に入るとさくら小学校に出かけます。

さくら小学校では保護者の方にも聞いてもらえることになり、とてもうれしく思っています。
大人はこういう教育を受けてこなかった。
だから間違った選択をしてしまうことが多いのです。
薬物に手を出す大人たちの多いこと!! 薬物をあたかも医薬品のような取り扱ってしまう大人たち。

やはり正しい知識は必要だと思います。

今からでも遅くないので、ぜひ、大人の方にも聞いてもらいたいものです。

中国成都での研修

img_9080

いつも中医学の勉強を一緒にしている鳥取県の先生と中国の漢方薬製造工場に行ってきました。
(一か月以上前の話ですが・・・・・)

漢方の抽出作業が終わり、次の段階へ進んではいましたが、漢方のいい香りに包まれ、
そして、ていねいな作業をする工場の方がと交流することができて、
ますます、ここで作られる漢方薬に愛着が持てましたよ。

img_9105

成都の研修。
アップしようと思いつつ、帰国してから、1か月以上がたってしまいました。
リビング島根に取り上げてもらって、久々に思い出しました。

写真の生脈注射液。
私の大好きな麦味参顆粒の注射。

中国ではかなり使われています。心臓病に使うのはもちろん。雲南省の皮膚科を見学した時には炎症が治まった後の回復期にこの注射液の点滴をしていました。

講演をする前に緊張して、呼吸が浅くなる私には、欠かせない漢方薬の一つ。
一度、この注射を試してみたいと長年思ってはいますが、、、、いまだに実現しておりません。

皮膚病と中医学

IMG_6499

全国の先生と家にいながら勉強できるIP講座
夜、仕事が終わってから、22時までの勉強会です。

この日は尋常性乾癬、脂漏性皮膚炎、ステロイド性皮膚炎の症例検討。

どの方も皮膚科で良くならなかったから漢方でと相談に。
皮膚科に通ってもよくならないと、きらら薬局にもよく相談にいらっしゃいます。

皮膚科のステロイドや、薬が効いていないわけではないのです。症状を確実に抑えています。
しかし、皮膚科の薬は症状を抑えるものであって、根本を治すものではありません。
だから、何度も繰り返してしまうのです。

漢方薬を飲んでも同じようなことが言えます。漢方薬を飲むだけでは症状を抑えるに過ぎない。
漢方治療をする際には、私は口が酸っぱくなるほど、食養生、生活養生についてお話しします。

食養生にかんしては、そんなにできないと最初からあきらめる人が多いです。
甘いものをやめるなんて、楽しみがなくなるとか・・・・・

体調がよくなれば、甘いものなんて欲しくなくなるんです。楽しみがなくなるわけではない。
砂糖による呪縛から離れることができるだけ。
もっとおいしい食事を楽しめることができるんだということをお知らせしたい。

 

路先生と中医学講座

路先生の中医学講座をまた受けてきました。

今年からはもう一つ別の路先生の講座を受ける予定にしています。
先生の中医学のノウハウを一つでも多く頭に叩き込みたいと思いながら、いつも講座が終わると頭がパンク寸前です。

IMG_6490IMG_6558

この講座は赤ちゃんから参加できる講座。講義中も泣いたり、踊ったりしていますが、
母たちは勉強を続けます。
子供がいても、講義してくれる路先生には本当に感謝しています。

中医学の基礎。
それは生活の知恵です。
私たちが心を宿す身体をどのようにいたわることができるのか。
自分の身体を大切に守る知恵がいっぱいの中医学です。

漢方薬の香り。

漢方薬の香り、好きですか?
アロマセラピーの精油の香りと同様に、香りがもたらす効能があります。

その香りを追及する中国の製法が素晴らしい。
昨日は漢方薬の勉強会。漢方薬メーカーの開発担当の方のお話しを聞くことができました。

漢方の胃薬は苦い、臭いとよく言われますが、

私の大好きな胃薬はスーといい香りなのですよ。
それがまた、さらにいい香りになって、夏くらいに販売されることになったようです。

IMG_6296

さらに、私の胃を助けてくれる、晶三仙。
これもまた、甘酸っぱい味でおいしい。子供も大好きな味。

IMG_4717

苦味は炎症を抑える働き
甘味は調整したり、緩める働き
辛味は発散させたり、気をめぐらす働き
酸味は収斂させる働き
鹹味は固くなったものを和らげる働き

漢方薬だけでなく、私たちが食べる食材も味で効能効果が異なりますよ。

自分が欲している香り、味で自分の体調が分かるようになるといいですね。

 

掌蹠膿疱症と漢方

IMG_6216

掌蹠膿疱症についての勉強会。
西洋医学では原因不明でなかなか治らない。
掌蹠膿疱症性関節炎などもあり、かゆみだけでなく、骨の痛みを感じるという厄介な病気です。

手のひら、足に膿疱ができて、見た目が悪く当事者はとても気にされます。
手を出すことができないので、手袋が手放せなくなってしまいます。

症状が軽い時には皮膚科に行くと、ビオチンが出たりします。
この前は皮膚科から温清飲という漢方を処方されましたと相談された方もいらっしゃいました。

漢方で診ると、痰湿、熱毒、瘀血などの原因が考えられます。
しかしその原因の多くは食生活の悪さ、睡眠不足など生活スタイルの悪さが大きく関係するのも事実。

手のひらの小さいぶつぶつに悩んでいるなら、漢方薬もお勧めです。それと同時に生活スタイルを変える努力を!!

手袋、靴下、かゆみ、痛みから解放される日は近いかも!

耳鼻科の中医学

私の大好きな中医師のトン先生。耳鼻科の専門の先生。

昨日は米子でトン先生の勉強会。
IMG_6025

漢方薬の中国の文献を検証しました。
異病同治(いびょうどうち)という言葉があり、異なる病気、症状でも原因が一緒であれば、治す薬は同じという意味です。
漢方ではなぜそういう症状が出るのかを考えます。症状だけを抑えるのではなく、症状を起こさなくするためにはどうしたらいいのか?まで視野に入れ、処方を組み立てるのです。

ですから、写真のように、一つの漢方薬で、花粉症、帯状疱疹、湿疹、耳鳴り、副鼻腔炎なども治すことができるのです。

生活習慣、食習慣、住環境、仕事環境、すべての事が症状に絡んでくるのです。
基礎はどなたも一緒。

正しい生活、、、快食快便快眠ができれば、健康な証拠でございます。

皮膚科の漢方治療

IMG_5924

インターネットで全国の先生たちと皮膚病の漢方治療について勉強しています。
今回は北海道の先生の症例。

漢方では治りっこないと思ったけど、でもやってみる!と決意されたお客様。
皮膚がきれいになっていくたびに、写真に写る表情が明るくなっているのが分かりました。
ニキビ一つでも悩んでしまう・・・でも一生懸命になって、漢方薬と食養生、生活養生をしてきれいになった肌で、すべてが明るくなるんだなと。

肌って、本当に悩ませるものですね。

手をかけてあげれば、答えてくれるのも肌。
身体の状態を正直に表してくれているのも肌。

きれいでいたい。

中医薬研究会にて

今日は久しぶりに劉伶先生の講義。

ロシアで栽培されている「シベリア霊芝」の話し。霊芝といえば癌なのですが、実はそれだけではないのですよ。image 

アレルギーにもいいようです。肥満細胞からヒスタミンの放出を抑えるから、アレルギー反応が抑制される。

衛益顆粒は、さらに前の段階を防御。

今からの季節、必要になる人・・・多いです。

更にマクロファージにもチカラ与えるようです。image

よく、食べます。

皮膚病の勉強会です

今年も始まりました。

月に1回の皮膚病のIP講座です。
今年も全国の先生たちと一緒に症例検討を重ねていき、レベルアップをしていきたいと思っています。

IMG_5884

昨日は私の症例を発表する日。

長年のアトピーで、皮膚がゴワゴワになった方の症例を発表させていただきました。
内服薬だけで赤み、かゆみが減ったのですが、なかなかゴワゴワがよくならない。
そこで、全国の先生たちに聞いてみました。

そこで、内服だけではなく、スキンケアの仕方。
めんどくさがる人には瑞花露の入浴剤がいい結果を出しているというお話を聞くことができました。
私の家も子供たちが乾燥肌なので、この入浴剤を使っているのですが、
ポイントが2つ、濃度を濃くして、20分はつかり、肌にしっかりと水分を与えるということ。

ゴワゴワ肌には軟膏はよくない事。

食事の指導も突っ込まれました。
本人が健康にいいと思っているものが、本当に肌の為になっているものなのかの検証をすべき!と
確かに。

もう一つ、鹿児島の先生のウイルス性のいぼの改善例を聞きました。
手足に広がる、茶色のウイルス性のイボをスキンケアと、漢方の内服薬で見事にきれいになっている。
年月がかかっていますが、確実にいい結果であること、
そして、病院で処方されていたステロイド剤。かゆみを止めるために出されたようですが、ウイルス性のイボになぜステロイド剤?という疑問もありました。

皮膚の病気はそれぞれの生活習慣が大きくかかわってきます。
食事、睡眠、ストレス、かゆみの度合い、発症期間などなどひとつずつしっかりと治していくことできれいな肌に生まれ変わります。

漢方治療と西洋治療、そしてスキンケアで傷ついた肌をよみがえらせることができるのですよ。
また来月の勉強会が楽しみです。

 

 

 

久多美小学校での喫煙防止・薬物乱用防止教室

先日、久多美小学校で授業をしてきました。
6年生を対象に、20歳までなぜたばこを吸ってはいけないのか?
薬物に手を出すとどうなるのか?
医薬品だって、使い方を間違えれば、薬物乱用になるってことなどをお話しさせていただきました。

「20歳になったら、たばこを吸ってみようと思う人!」
と質問したら、一人男の子が手をあげました。

「これから話すことを聞いて、よく考えて20歳になったらどうするか決めてね」
とその子に話してから、授業をすすめました。

土曜日に久多美小学校の養護の先生が子供たちの感想などを持ってきてくださって、読んでみると、最初は20歳になったら吸ってみようと思ったけど、話を聞いて1本も吸いたくないと思ったという感想を書いてくれていました。

お父さんに一生懸命たばこの害を伝えたけど、まだ肺に穴は開いていない、足も腐ってないとあしらわれた…けど、病気になってほしくないから、言い続けようという子供の決意を書いている感想もありました。

依存しているうちは、大丈夫だと思うのです。自分は大丈夫だと・・・・。

中毒症状が出てから、みんな後悔するのです。
苦しい。
まだ、死にたくない。
やめておけばよかった・・・・・。

そんな思いをせず、人生を楽しんで生きていけるように、子供たちに授業を続けていこうと思います。IMG_5836

食べる力をつけるということ

IMG_5709 IMG_5710 IMG_5716 IMG_5719

食の事、学んできました。

食べることの大切さはもちろんみなさんわかっていると思います。
しかし、食べる力をつける、訓練することをわかっていない方は多いと思います

哺乳は本能でできます。ですから、生まれたばかりの赤ちゃんはおっぱいを飲むことができます。しかしながら、噛むことは訓練しなければできません。
7か月ごろには噛む筋肉が出来上がります。そんな時に柔らかすぎる食事、まだ哺乳だけというのはやはりよくないこともわかりました。

噛む訓練をしない子は、丸のみします。そして、硬いものを噛み切れず、吐き出してしまいます。
これではいけません。

とわかっていても、実際、食べているものは大人だって柔らかいものが多くないですか?
お母さんたち、お気をつけくださいね。

皮膚病の食養生の時によく、野菜スープを食べてくださいとすすめます。
離乳食と同じでした。
大人になって、食生活が乱れていても、赤ちゃんが生まれて離乳食を始めると、赤ちゃんのために正しい食事が始まるチャンスです。
塩分濃度も、食べるものの選択も、たんぱく質の摂り方もさぁ、赤ちゃんと一緒にリセットしましょう。

離乳食の時期が終わると、やったー!終わったとまた食事に気を付けなくなるお母さんたちがほとんどだと聞きました。食事は私たちの体を作るためのもの、大切にしてほしいです。
手をかけて作るからしんどくなるのです。
ポイントを絞って、必要なものをおいしく簡単に食べるのが、忙しい母には一番。

子供がおいしく食べてくれるほうがいいけど、食べる力をつけるための食事も大切だということを学びました。

活性酸素を減らすには

image認知症の勉強会のため大阪にきました。

認知症にならない為にどうしたらいいのか?なぜ、認知症になるのか?そのメカニズムと予防方法を牡蠣で研究しているメーカーのお話。

ここは、社長が研究者だから、勉強会も社長が講義します。

活性酸素、ミトコンドリア、アミロイドβ、タウタンパクなどが私達に与える影響を今までは漢方で勉強してきましたが、今日はまた違った視点からの勉強で本当に面白かった。

もちろん、認知症だけでなく、様々な不調につながる活性酸素。

安心してください。身体の掃除機能を高めて余分な活性酸素を除去していきましょう。

 

腸内環境を整えることの大切さ

IMG_5124

6日の日曜日、バイオリンクの指定研修会に参加してきました。

午前中は息子たちのマラソン大会。応援・カメラ担当の私も張り切りました。
午後から松江に移動して、研修会が始まると同時に、睡魔が・・・。
学生時代に戻った時のように、半分の研修会を睡眠学習。講師の方には本当に申し訳なく・・・・。

後半部分の話はたぶん聞けていると思います。

細菌腸内フローラがどうのこうのという話をよく耳にします。
きらら薬局でも、以前から、腸内の掃除をオススメしています。

便秘が当たり前の生活をなさっている方が本当に多くてビックリします。
私はお腹をすぐ下すタイプなので、便秘は余りありませんが、これも腸内環境はよくないということ。

抗生剤の服用で腸内環境が変わることはよく知られていますが、私たちが病気の時に飲むだけではありません。
家畜の飼料や、農薬にもたくさん使われているのです。
抗生剤などを使った食材を全面的に排除することは不可能なのかもしれません。
こう言った食事の面からもどのようにして、自分の腸内環境を整えなければならないのかを考える必要があります。

ヤクルトの乳酸菌は何で育っているかご存知ですか?
ヤクルトラーメン(まだあるのかな?)がなぜ緑色なのか、ご存知ですか?

クロレラで乳酸菌は育つのです。
ヨーグルトも進化していますが、冷たい物を摂るという所に引っかかりを感じます。
せめて、常温で食べましょう。

腸内環境で若々しさも変わってくるかもしれませんね。

鼻炎・後鼻漏・鼻茸には漢方を!!

IMG_5009

IMG_5021

3回シリーズで勉強を続けたトン先生の耳鼻科の中医学講座。
今回で一応終了。
アレルギー性鼻炎でつらい思いをしている我が息子もお世話になっている中医師のトン先生。
我が子も、つらい鼻炎症状で夜もぐっすり眠れなかったのが、最近はすやすやと寝ております。
でもちょっとアイスとか、ジュースを飲むと、鼻炎が悪化します。私の漢方的生活もあの邪悪な冷たい物たちにより、あっという間に打ちのめされてしまいます。

しかも、西洋医学でなかなか治らない症状も、漢方で治りやすかったりするんです。

西洋医学と中医学の治療の違いは生活習慣をしっかり検討するかどうかのような気がします。トン先生は食事、間食、睡眠、冷え性、などなど突っ込んで突っ込んで聞きます。それから、必要な漢方薬を体質に合わせて、選びます。

鼻茸は切ってしまっては、漢方薬はもうダメのようです。
手術をしていない鼻茸は漢方薬できれいに無くなってくるようです。

粘膜を強くする、衛益顆粒。
これからの季節、大活躍です。
私の主人も花粉症だったのですが、衛益顆粒でほとんどアレルギー薬を飲まずに済むようになりました。
今では私の方が花粉にやられております。

花粉症の予防も、粘膜強化。
かぜの予防も、粘膜強化。
鼻粘膜も強化しましょう。

衛益顆粒  90包 8,640円
        30包 3,000円

冠元顆粒の実験から見えてくるもの

IMG_4797

富山大学にて、漢方の研究を長年にわたり行ってこられた、横澤 隆子先生(前列右)。
先日鳥取市での勉強会に招き、冠元顆粒の研究についてお話していただきました。

もともとは大学院生が紅花で、老化の研究をしたいということで、横澤先生の経験により、紅花単体よりも紅花が使われている漢方方剤で研究をするようにアドバイスされ、紅花を含む漢方薬の一つが冠元顆粒だったようです。

冠元顆粒を研究するうちに、紅花よりも丹参の効果が目にとまり、それから丹参・冠元顆粒の研究に力を注いでいかれたとのこと。

さらに動物実験では、人間が服用する量に換算するととてつもない量を服用させる実験が多い中、横澤先生は人間が服用する量からマウスに当てる量を計算して実験を行っていますとのこと。
(確かに動物実験の投与量を見ると、ありえんほどの量を与えてる実験が多い、人間が飲んだらどうなるんだろうと思うことも・・・)

老化をいかに遅らせるか・・
やはり、酸化を防ぐことというのが結論。
そして、冠元顆粒のすごいなと思う所は、腎機能を改善、過酸化脂質の生成抑制、AGEsの抑制、活性酸素の抑制と・・・この薬ひとつで西洋薬何種類分の働きをするんだろうと、そして西洋薬みたいな副作用がない。老化促進の原因の一つである糖尿病。血糖値を下げるだけでは身体の機能として成り立たないんだなと。細胞を守れない。だから血糖値を下げるの頑張っても、腎機能がダメになり、透析することになったり、目が見えなくなったり、神経障害が出てきたりするんだな。

まだまだ冠元顆粒には面白い実験データがあります。

人体実験をしている先生たちが25年目を迎え、実証してくれています。
明らかに、若い。若々しい。
私も、これからだな(笑)

ホームへ戻る